イシハラ コウジ
石原 浩二Kohji ISHIHARA

URL
http://www.dls.ous.ac.jp/staff2/ishihara.html
専門分野
 酵素化学,応用微生物学,生体触媒化学
所属組織  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
所属学部・学科又は研究科・専攻 役職名
理学部 臨床生命科学科
理学研究科(修士) 臨床科学専攻
理学研究科(博士) 博材理学専攻
ワイン発酵科学センター
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
学位  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
学位名 学位授与機関 学位論文題目 取得年月
修士(理学) 大阪大学大学院 1992年03月
博士(工学) 岡山大学大学院 1995年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
所属学会  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
学会名 表示順
生体触媒化学研究会,日本農芸化学会,マリンバイオテクノロジー学会,極限環境微生物学会,日本藻類学会,日本海水学会,日本化学会,日本生物工学会,日本植物細胞分子生物学会,バイオインダストリー協会,日本放線菌学会,日本栄養・食糧学会, 酵素工学研究会
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
教育活動
授業科目  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/39 ページ)  194 件
開講年度 授業科目名 科目群 必修・選択 開講時期 単位数 履修者数
2021年 コンプリヘンシブゼミナール 5
2021年 専門英語ⅠB(臨床) 0
2021年 専門英語ⅡA(臨床) 0
2021年 専門英語ⅡB(臨床) 0
2021年 食品バイオテクノロジー 2
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/39 ページ)  194 件
論文指導  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/9 ページ)  45 件
年度 論文種類区分 論文種類 指導人数
2021年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 4人
2020年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 7人
2019年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 5人
2018年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 5人
2017年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 8人
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/9 ページ)  45 件
教育改善の実践  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/7 ページ)  33 件
年度 改善概要 詳細
2021年 学生の就職活動支援 ESの書き方指導・添削,履歴書の書き方指導・添削,面接指導など
2020年 学生の就職活動支援 ESの書き方指導・添削,履歴書の書き方指導・添削,面接指導など
2019年 学生の就職活動の支援 ESの書き方指導と添削,履歴書の書き方指導と添削,面接指導など
2018年 学生の就職活動の支援 ESの書き方と添削,履歴書の書き方と添削,面接指導など
2017年 就職活動支援 エントリーシートの書き方指導,履歴書の添削,面接対策指導など
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/7 ページ)  33 件
研究活動
研究分野  

分野 分科 細目 表示順
1 複合新領域 ゲノム科学 応用ゲノム科学
2 農学 農芸化学 生物生産化学・生物有機化学
3 化学 複合化学 生体関連化学
4 農学 農芸化学 応用微生物学
5 生物学 生物科学 分子生物学
執筆論文  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/22 ページ)  108 件
論文名(原文) 論文分類 掲載誌名 査読 発行年月
1 Resveratrol Oligosaccharides (Gluco-Oligosaccharides) Effectively Inhibit SARS-CoV-2 Infection: Glycoside (Polysaccharide) Approach for Treatment of COVID-19 学術論文 Natural Product Communications 2021年05月
2 Synthesis of Ester-Linked Paclitaxel?Glycoside Conjugate and Its Drug Delivery System Using Hybrid-Bio-Nanocapsules Targeted With Trastuzumab 学術論文 Natural Product Communications 2021年01月
3 Effect of hydrogen peroxide on normal and acatalasemic mouse erythrocytes 学術論文 Toxicology Reports 2020年02月
4 微生物由来リパーゼ活性のスクリーニング:食用キノコを中心とした担子菌類由来リパーゼの探索 紀要 岡山県立大学保健福祉学部紀要 2019年12月
5 Glycosylation of Piceid and Resveratroloside by Bioconversion with Phytolacca americana Glucosyltransferase Expressed in Escherichia coli 学術論文 Natural Product Communications 2019年11月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/22 ページ)  108 件
著書  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
著書名 著書分類 著書形態 執筆形態 出版社名 発行年月
1 オンリーワンを求めて~科学を選んだ先輩からのメッセージ~ その他 共著 分担執筆 近代科学社 2007年08月
2 Handbook of Proteolytic Enzymes 2nd Edn. 専門著書 共著 分担執筆 Elsevier 2004年10月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
発表・学外活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/4 ページ)  17 件
活動内容 講演会・研究等名 発表題目 発表種類 発表形態 発表年月
1 学術講演 Pacifichem2015 Preparation of chiral alcohols using actinobacteria: Biocatalyst activity of marine-derived actinomycetes 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) ポスター 2015年12月
2 学術講演 Pacifichem2015 Biocatalyst activity of entomogenous fungi: Stereoselective reduction of carbonyl compounds using tochukaso and related species 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) ポスター 2015年12月
3 学術講演 第15会マリンバイオテクノロジー学会大会 海洋性放線菌を生体触媒として用いる光学活性化合物の生産 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) ポスター 2013年06月
4 学術講演 おかやまバイオアクティブ研究会 第37回シンポジウム 生理活性物質の高機能化を主目的とした酵素的変換: 安定で高機能な植物色素の酵素的創製 招待講演 2010年06月
5 学術講演 第12回 岡山リサーチパーク研究・展示発表会 バイオマスの有効活用:ピオーネ皮を利用した機能性食品素材の開発 ポスター 2008年02月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/4 ページ)  17 件
作品  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
作品名 発表場所 発表年月 特記点
全製作者名 設置場所
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
受賞  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
賞名 受賞年月 特記点
主催団体名
1 日本農芸化学会2013年度大会トピックス賞 2013年04月 受賞テーマ「NADP+依存性ギ酸脱水素酵素の開発」(ダイセル化学との共同受賞)
公益財団法人日本農芸化学会
2 岡山リサーチパーク研究・展示会奨励賞 2007年01月
第11回岡山リサーチパーク研究・展示発表会実行委員会
3 日本農芸化学会中四国支部奨励賞 2005年05月
日本農芸化学会中四国支部
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
特許  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
特許名 出願年月 出願番号 登録年月 特許番号 出願国
1 光学活性αーヒドロキシアミドの製造方法 特許公開2005-218348 2005年00月 日本
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
外部資金  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/8 ページ)  39 件
年度 新規・継続 研究課題(題目)名 代表者名 出資団体名 受入金額 開始年月
外部資金分類 分担題目名 分担者名 終了年月
1 2020年 新規 Biocatalytic reduction of carbonyl compounds by actinobactera from the Streptomycetaceae, Streptosporangiaceae and Micromonosporaceae families. 石原浩二 公益財団法人ウエスコ学術振興財団 海外渡航費助成事業 250000円 2020年12月
研究助成 2021年12月
2 2015年 新規 未利用生物資源の探索と有用機能性物質生産への応用 石原浩二 両備?園記念財団研究助成 350,000円 2015年10月
研究助成 2016年08月
3 2015年 新規 生態系を酵素レベルで模倣した酵素複合反応系を用いるバイオリファイナリー技術の開発と資源再利用への応用 石原浩二 八雲環境科学振興財団 500,000円 2015年04月
研究助成 2016年03月
4 2010年 新規 機能性バイオマスプラスチックへの応用を目標としたファインセルロース製造のためのバイオリファイナリー技術の開発 石原浩二 岡山県 1,981,194円 2010年09月
受託研究 益岡典芳,近藤博之,大澤正嗣,山本竜徳 2011年03月
5 2010年 新規 タンパク質化学とバイオインフォマティクスを活用した放線菌由来ケトエステル還元酵素の精製と特徴の解明 石原 浩二 ウエスコ学術振興財団 280,000円 2010年08月
2011年02月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/8 ページ)  39 件
寄付  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
寄付分類 寄付対象研究テーマ 寄付者名 寄付査定額 受入年月
1 寄付金 酵素ライブラリーに関する研究 ダイセル化学工業株式会社 500000 2010年08月
2 寄付金 酵素ライブラリーに関する研究 ダイセル化学工業株式会社 500000 2009年06月
3 寄付金 酵素ライブラリーに関する研究 ダイセル化学工業株式会社 500000 2008年07月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
社会貢献
学外運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  12 件
運営分類 役職名 就任年月 特記点
機関名・企業名 退任年月
地方自治体 岡山県「スター☆ベンチャー誕生」個別支援プログラム サポート専門家(嘱託) 2020年12月
岡山県産業振興財団
その他 会員(岡山理科大学代表) 2015年04月
83岡山県技術交流プラザ 2022年03月
学会 第47回シンポジウム準備委員 2015年04月
おかやまバイオアクティブ研究会 2015年06月
学会 企画運営委員 2009年04月
おかやまバイオアクティブ研究会
学会 幹事 2009年04月
おかやまバイオアクティブ研究会
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  12 件
会議運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/4 ページ)  17 件
会議・講演会・展示会名 主催者名 就任年月 特記点
役職名 退任年月
'83岡山県異業種技術交流プラザ11月例会 岡山県異業種技術交流プラザ協議会 2020年11月
幹事 2020年11月
'83岡山県異業種技術交流プラザ6月例会 岡山県異業種技術交流プラザ協議会 2019年06月
幹事 2019年06月
’83岡山県異業種技術交流プラザ6月例会 岡山県異業種技術交流プラザ協議会 2018年06月
幹事 2018年06月
’83岡山県異業種技術交流プラザ6月例会 岡山県異業種技術交流プラザ協議会 2017年06月
幹事 2017年06月
’83岡山県異業種技術交流プラザ4月例会 岡山県異業種技術交流プラザ協議会 2017年03月
幹事 2017年04月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/4 ページ)  17 件
その他社会活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  13 件
社会活動の名称 社会活動の具体的内容 就任年月 特記点
退任年月
岡山県産業労働部主催 第84回100社訪問キャラバン隊参加 食品および応用微生物関連研究分野の教員とのディスカッションがしたいと岡山市野々口のカバヤ食品より依頼あり。岡山理大の教員代表として参加し,新規製品開発や大学と企業との関わり方などについて話し合いを行った。 2008年03月
2008年03月
岡山県産業労働部主催 第51回100社訪問キャラバン隊参加 食品および応用微生物関連研究分野の教員とのディスカッションがしたいと岡山県新見市のカツマル醤油醸造株式会社より依頼あり。岡山理大の教員代表として参加し,新規製品開発や大学と企業との関わり方などについて話し合いを行った。 2006年07月
2006年07月
水島工業地帯産学官懇談会 第31回 水島ソシエ参加 カレッジセミナーとして,岡山県水島サロンを訪れ,岡山理科大学の産学官連携への取り組みに関する話し合いに参加した。 2006年04月
2006年04月
水島工業地帯産学官懇談会 第43回 水島ソシエ参加 カレッジセミナーとして,岡山県立大学内の産学連携が成功している研究室を見学し,その連携研究内容について紹介を受けた。また,フリータイムの時間帯には,産学連携の成功の秘訣についてディスカッションを行った。岡山理科大学からは石原1名のみの参加であった。 2006年04月
2006年04月
岡山県産業労働部主催 第43回100社訪問キャラバン隊参加 食品および応用微生物関連研究分野の教員とのディスカッションがしたいと岡山県倉敷市の三千鶴酒造株式会社より依頼あり。岡山理大の教員代表として参加し,新規製品開発や大学と企業との関わり方などについて話し合いを行った。 2006年03月
2006年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  13 件