マツウラ ノブヤス
松浦 信康Matsuura Nobuyasu

URL

専門分野
 食科学
所属組織  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
所属学部・学科又は研究科・専攻 役職名
理学部 臨床生命科学科
理学研究科(修士) 臨床科学専攻
理学研究科(博士) 博材理学専攻
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
学位  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
学位名 学位授与機関 学位論文題目 取得年月
博士(薬学) 岐阜薬科大学 1993年
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
所属学会  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
学会名 表示順
日本生薬学会
日本肥満学会
日本農芸化学会
日本薬学会
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
教育活動
授業科目  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/42 ページ)  208 件
開講年度 授業科目名 科目群 必修・選択 開講時期 単位数 履修者数
2021年 コンプリヘンシブゼミナール 5
2021年 専門英語ⅠB(臨床) 0
2021年 専門英語ⅡA(臨床) 0
2021年 専門英語ⅡB(臨床) 0
2021年 生理活性物質化学 2
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/42 ページ)  208 件
論文指導  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/8 ページ)  40 件
年度 論文種類区分 論文種類 指導人数
2020年 卒業論文 卒業論文 指導人数 7人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2020年 修士論文 修士1年 指導人数 2人 共同・分担した指導教員数 0人
2019年 卒業論文 卒業論文 指導人数 7人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2018年 卒業論文 卒業論文 指導人数 7人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2017年 卒業論文 卒業論文 指導人数 8人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/8 ページ)  40 件
教育改善の実践  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
年度 改善概要 詳細
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
研究活動
研究分野  

分野 分科 細目 表示順
1 生物学 生物科学 細胞生物学
2 総合領域 生活科学 食生活学
3 農学 農芸化学 食品科学
執筆論文  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/9 ページ)  41 件
論文名(原文) 論文分類 掲載誌名 査読 発行年月
1 Isolation, Identification, and Synthesis of a New Prenylated Cinnamic Acid Derivative from Brazilian Green Propolis and Simultaneous Quantification of Bioactive Components by LC-MS/MS. 学術論文 J Agric Food Chem. 2019年11月
2 Cassane-type diterpenoids from Caesalpinia echinata (Leguminosae) and their NF-κB signaling inhibition activities. 学術論文 Phytochemistry. 2015年08月
3 Tolypoalbin, a new tetramic acid from Tolypocladium album TAMA 479. 学術論文 J Antibiot (Tokyo). 2015年06月
4 Two butenolides with PPARα agonistic activity from a marine-derived Streptomyces. 学術論文 J Antibiot (Tokyo). 2015年05月
5 Hikiamides A-C, Cyclic Pentadepsipeptides from Fusarium sp. TAMA 456. 学術論文 J Nat Prod. 2015年04月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/9 ページ)  41 件
著書  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
著書名 著書分類 著書形態 執筆形態 出版社名 発行年月
1 糖化による疾患と抗糖化食品、素材 専門著書 共著 分担執筆 (株)シーエムシー出版 2010年12月
2 アンチエンジングヘルスフード 専門著書 共著 分担執筆 (株)サイエンスフォーラム 2007年12月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
発表・学外活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/9 ページ)  41 件
活動内容 講演会・研究等名 発表題目 発表種類 発表形態 発表年月
1 学術講演 日本薬学会第134年会 ヘスペレチングルクロナイドにおけるPPARgアゴニスト活性 一般講演 2014年03月
2 学術講演 日本薬学会第133年会 ヘスペリジン代謝物の示すPPARgアゴニスト活性2 ポスター 2013年03月
3 学術講演 第3回糖化ストレス研究会講演会 天然物中に存在するタンパク質糖化反応阻害物質の探索とその応用 招待講演 2012年12月
4 学術講演 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム Biochanin AによるPPARsアゴニスト活性 ポスター 2012年11月
5 学術講演 第33回日本肥満学会 ヘスペリジン代謝物の示すPPARγアゴニスト活性 ポスター 2012年10月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/9 ページ)  41 件
作品  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
作品名 発表場所 発表年月 特記点
全製作者名 設置場所
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
受賞  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
賞名 受賞年月 特記点
主催団体名
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
特許  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  6 件
特許名 出願年月 出願番号 登録年月 特許番号 出願国
1 ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体β/δ活性化剤 2009年03月 特願2009-47755 日本
2 PPAR活性化剤、PPAR関連病態改善用食品及びPPAR関連疾患治療薬 2012年 特願2012-132178  日本
3 香酢精製物の製造方法 2012年 特願2012-132179  日本
4 ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体β/δ活性化剤 2010年09月 特許公開2010-202540 日本
5 ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体αおよびγ活性化剤 2009年10月 特許公開2009-249322 日本
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  6 件
外部資金  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  13 件
年度 新規・継続 研究課題(題目)名 代表者名 出資団体名 受入金額 開始年月
外部資金分類 分担題目名 分担者名 終了年月
1 2009年 新規 ミツバチ産品に含まれる核内受容体PPARs活性 松浦信康 1000000 2009年06月
研究助成 2010年03月
2 2009年 継続 カレアラクトンAによる前駆脂肪細胞分化誘導阻害機構の解明 松浦信康 文部科学省 410000 2008年04月
科学研究費補助金 2009年03月
3 2008年 新規 脂肪細胞に対するアミノ酸混合物投与による脂肪酸遊離に関する研究 松浦信康 明治乳業株式会社 1575000 2008年10月
受託研究 2009年03月
4 2008年 継続 食品に含まれる核内受容体PPAR-δ活性制御物質の探索 松浦信康 (財)岡山県産業振興財団 2806650 2008年06月
受託研究 2009年03月
5 2008年 新規 糖尿病、肥満およびリウマチ治療薬の探索研究 松浦信康 明治乳業株式会社 1575000 2008年04月
受託研究 2009年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  13 件
寄付  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/6 ページ)  28 件
寄付分類 寄付対象研究テーマ 寄付者名 寄付査定額 受入年月
1 寄付金 生活習慣病治療薬の開発 エコリソース研究所 100000 2018年11月
2 寄付金 生活習慣病治療薬開発 太邦株式会社 200000 2018年10月
3 寄付金 生活習慣病治療薬の開発 福玉米粒麦株式会社 1000000 2018年06月
4 寄付金 生活習慣病治療薬の開発 福山黒酢株式会社 100000 2018年05月
5 寄付金 生活習慣病治療薬の開発 カネリョウ海藻株式会社 500000 2018年05月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/6 ページ)  28 件
社会貢献
学外運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
運営分類 役職名 就任年月 特記点
機関名・企業名 退任年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
会議運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/7 ページ)  34 件
会議・講演会・展示会名 主催者名 就任年月 特記点
役職名 退任年月
大阪育英高校出張講義 2010年10月 生活習慣病予防および治療効果を有する食に関する講義を行うとともに、臨床生命科学科の理念についても紹介した。
徳島県立城北高校出張講義 2010年07月 生活習慣病予防および治療効果を有する食に関する講義を行うとともに、臨床生命科学科の理念についても紹介した。
徳島県立城西高校PTAへの模擬講義 2010年07月 生活習慣病予防および治療効果を有する食に関する講義を行うとともに、臨床生命科学科の理念についても紹介した。
岡山理科大学付属高校通信制課程出張講義 2010年05月 生活習慣病予防および治療効果を有する食に関する講義を行うとともに、臨床生命科学科の理念についても紹介した。
岡山県立一宮高校出張講義 2010年03月 生活習慣病予防および治療効果を有する食に関する講義を行うとともに、臨床生命科学科の理念についても紹介した。
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/7 ページ)  34 件
その他社会活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
社会活動の名称 社会活動の具体的内容 就任年月 特記点
退任年月
青少年科学の祭典 岡山ドームにて開催された青少年科学の祭典において、1ブースを担当した。テーマは「自分の細胞を見てみよう」として、来場した小中学生に、自分の細胞を観察してもらい、人間が細胞から構成されていることを体験してもらった。 2006年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件