サトウ ヤスシ
佐藤 泰史Yasushi Sato

URL
http://researchmap.jp/read0140049/
http://www.chem.ous.ac.jp/~imc/
専門分野
 無機固体化学
所属組織  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
所属学部・学科又は研究科・専攻 役職名
理学部 化学科
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
学位  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
学位名 学位授与機関 学位論文題目 取得年月
学士(工学)
修士(工学)
博士(理学)
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
所属学会  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  6 件
学会名 表示順
Materials Research Society
The Electricalchemical Society
蛍光体同学会
粉体粉末冶金協会
応用物理学会
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  6 件
教育活動
授業科目  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/14 ページ)  66 件
開講年度 授業科目名 科目群 必修・選択 開講時期 単位数 履修者数
2017年 化学特別実験 8
2017年 卒業研究 8
2017年 無機化学実験【火3金3】 3
2017年 無機化学Ⅲ【月3水1】 2
2017年 無機化学演習【月1木3】 2
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/14 ページ)  66 件
論文指導  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  6 件
年度 論文種類区分 論文種類 指導人数
2017年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 9人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2016年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 11人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2016年 修士論文 修士論文(修士) 指導人数 1人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2015年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 8人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2015年 修士論文 修士論文(修士) 指導人数 1人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  6 件
教育改善の実践  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
年度 改善概要 詳細
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
研究活動
研究分野  

分野 分科 細目 表示順
1 工学 応用物理学・工学基礎 薄膜・表面界面物性
2 工学 材料工学 無機工業材料
3 化学 基礎化学 無機化学
4 化学 材料化学 機能物質化学
執筆論文  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/8 ページ)  38 件
論文名(原文) 論文分類 掲載誌名 査読 発行年月
1 A high-luminescence BaZrSi3O9: Eu2+ blue?green-emitting phosphor: Synthesis and mechanism 学術論文 Journal of Luminescence 2017年01月
2 緑色蛍光体 (Ba, Sr) 2SiO4:Eu2+ のフラックス還元焼成条件と発光特性の関係 学術論文 粉体および粉末冶金 2016年09月
3 CaSrSiO4:Eu2+橙赤色蛍光体の発光特性におけるフラックス剤を用いた還元焼成の効果 学術論文 粉体および粉末冶金 2016年08月
4 Effect of Eu2+ concentration on the photoluminescence properties of red-emitting CaSrSiO4:Eu2+ phosphors 学術論文 Journal of the Ceramic Society of Japan 2016年08月
5 Screening of Er3+/Yb3+ Co-doped RE-Ta-O and RE-Nb-O (RE= Y, La, or Gd) up-conversion phosphors 学術論文 Chemistry Letters 2016年04月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/8 ページ)  38 件
著書  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
著書名 著書分類 著書形態 執筆形態 出版社名 発行年月
1 Phosphors, Up Conversion Nano Particles, Quantum Dots and Their Applications 専門著書 共著 分担執筆 Springer Singapore 2016年07月
2 次世代蛍光体材料の開発 [磯部徹彦(監修)] 専門著書 共著 分担執筆 シーエムシー出版株式会社 2016年07月
3 <詳解> 無機材料 合成・探索法 専門著書 共著 分担執筆 株式会社情報機構 2014年07月
4 超高効率太陽電池・関連材料の最前線 [荒川泰彦(監修)] 専門著書 共著 分担執筆 シーエムシー出版株式会社 2011年08月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
発表・学外活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/13 ページ)  65 件
活動内容 講演会・研究等名 発表題目 発表種類 発表形態 発表年月
1 学術講演 231st ECS Meeting Photoluminescence properties of Pr3+-activated Ca-based perovskites prepared by amorphous complex method using aqueous metal complex solutions 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2017年05月
2 学術講演 日本セラミックス協会・2017年年会 水溶性スズ化合物を出発原料に用いて合成したCaSnO3:Pr3+蛍光体の発光特性 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2017年03月
3 学術講演 2016 MRS Fall Meeting Synthesis and photoluminescence properties of Pr3+-activated Ca-based perovskites using aqueous metal complex solutions 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) ポスター 2016年11月
4 学術講演 粉体粉末冶金協会・平成28年度春季大会 高濃度Eu2+賦活Sr2SiO4およびBa2SiO4系蛍光体の発光特性 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2016年05月
5 学術講演 粉体粉末冶金協会・平成27年度秋季大会 グリコール修飾シラン(GMS)を用いた水溶液法による新規オルソケイ酸塩の合成 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2015年11月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/13 ページ)  65 件
作品  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
作品名 発表場所 発表年月 特記点
全製作者名 設置場所
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
受賞  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
賞名 受賞年月 特記点
主催団体名
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
特許  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
特許名 出願年月 出願番号 登録年月 特許番号 出願国
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
外部資金  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
年度 新規・継続 研究課題(題目)名 代表者名 出資団体名 受入金額 開始年月
外部資金分類 分担題目名 分担者名 終了年月
1 2016年 新規 結晶サイト工学に立脚した蛍光体の設計及び開発原理の構築 垣花 眞人(東北大学) 日本学術振興会 34400千円 2016年04月
科学研究費補助金 蛍光体構造解析及び優れたサイトをもつ結晶の設計 佐藤 泰史 2019年03月
2 2015年 新規 ホスト励起を利用したf-f発光型酸化物蛍光体の元素制御に基づく物質探索と発光評価 佐藤 泰史 日本学術振興会 4550千円 2015年04月
科学研究費補助金 2018年03月
3 2013年 新規 s0電子系金属カチオンを含んだ複合酸化物をリード物質にした新規母体励起型蛍光体の探索とその高性能化 佐藤 泰史 村田学術振興財団(第29回公益財団法人村田学術振興財団 研究助成) 1200千円 2013年08月
研究助成 2014年07月
4 2013年 新規 Si含有酸化物および酸窒化物をリード物質にした新規赤色蛍光体の探索 佐藤 泰史 東北大学・多元物質科学研究所・新機能無機物質探索研究センター 500千円 2013年07月
その他補助金 2014年03月
5 2013年 新規 母体励起によりd-dおよびf-f発光を示す新規高輝度酸化物蛍光体の開発 佐藤 泰史 東北大学・多元物質科学研究所(平成25年度多元研プロジェクト) 500千円 2013年05月
その他補助金 2014年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
寄付  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
寄付分類 寄付対象研究テーマ 寄付者名 寄付査定額 受入年月
1 物品 新規白色LED用蛍光体の開発 中田 時夫教授(東京理科大学 総合研究機構 太陽光発電研究部門) 0 2015年05月
2 寄付金 非晶質酸化物半導体膜のスパッタ成膜法に関する研究 キヤノン株式会社 1000千円 2009年07月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
社会貢献
学外運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
運営分類 役職名 就任年月 特記点
機関名・企業名 退任年月
専門調査員 2016年04月 産学官の第一線の研究者・技術者・マネージャ等が「専門調査員」として、当該の研究所内や文部科学省等からの要請に対応して情報・意見収集を行う。その結果は、当該の研究所の調査研究活動や審議会等の資料として有意義に活用されている。
文部科学省科学技術・学術政策研究所・科学技術動向研究センター
その他 学界委員 2012年04月
(独)日本学術振興会透明酸化物光・電子材料第166委員会
その他 学振166委員会・幹事運営委員 2004年04月
(独)日本学術振興会透明酸化物光・電子材料第166委員会 2012年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
会議運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
会議・講演会・展示会名 主催者名 就任年月 特記点
役職名 退任年月
日本セラミックス協会・2017~2018年年会 日本セラミックス協会 2017年11月 日本セラミックス協会が主催する年会(2017~2018年)のプログラム委員に従事
プログラム委員
第55回セラミックス基礎科学討論会 (社)日本セラミックス協会・基礎科学部会 2016年03月 会場運営に従事
現地実行委員 2017年01月
日本セラミックス協会・2015年年会 (社)日本セラミックス協会 2014年08月
現地実行委員 2015年03月
8th International Symposium on Transparent Oxide and Related Materials for Electronics and Optics (TOEO-8) (独)日本学術振興会透明酸化物光・電子材料第166委員会 2013年01月
国際会議・組織委員 2013年05月
第51回セラミックス基礎科学討論会 (社)日本セラミックス協会・基礎科学部会 2012年07月
現地実行委員 2013年01月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
その他社会活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
社会活動の名称 社会活動の具体的内容 就任年月 特記点
退任年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件