クラ エリス
クラ エリスKulla Elis

URL

専門分野
 無線ネットワーク、アドホックネットワーク、無線センサアクタネットワーク
所属組織  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
所属学部・学科又は研究科・専攻 役職名
工学部 情報工学科
工学研究科(修士) 情報工学専攻
工学研究科(博士) システム科学専攻
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
学位  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
学位名 学位授与機関 学位論文題目 取得年月
博士(工学) 福岡工業大学大学院 2013年09月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
所属学会  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
学会名 表示順
日本情報通信学会
IEEE
日本情報処理学会
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
教育活動
授業科目  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/17 ページ)  81 件
開講年度 授業科目名 科目群 必修・選択 開講時期 単位数 履修者数
2021年 情報システム特別研究 15
2021年 専門英語ⅡA(情工) 0
2021年 専門英語ⅡB(情工) 0
2021年 プログラミングⅠ(再) 2
2021年 情報ネットワーク基礎論 2
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/17 ページ)  81 件
論文指導  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  8 件
年度 論文種類区分 論文種類 指導人数
2019年 卒業論文 卒業論文 指導人数 7人(うち、留学生 1人)
2019年 修士論文 修士修了論文 指導人数 2人(うち、留学生 1人)
2018年 卒業論文 卒業論文 指導人数 7人(うち、留学生 1人)
2017年 卒業論文 卒業論文 指導人数 7人
2017年 修士論文 修了論文 指導人数 2人
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  8 件
教育改善の実践  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
年度 改善概要 詳細
2016年 講義時間を短くし、演習時間を増やす 大切な概念を講義した後、学生が理解させるために具体的な演習を行いたいと思います。
そこで、学生同士の会話もあるように、グループワークなど実施したいです。
2015年 授業の内容の説明 講義の内容をプレゼンテーション資料を用い、説明する予定です。
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
研究活動
研究分野  

分野 分科 細目 表示順
1 工学 情報学 通信・ネットワーク工学
2 工学 総合工学 情報学基礎
3 工学 情報学 計算機システム・ネットワーク
執筆論文  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/6 ページ)  26 件
論文名(原文) 論文分類 掲載誌名 査読 発行年月
1 Neuro-Adaptive Learning Fuzzy-Based System for Actor Selection in Wireless Sensor and Actor Networks 学術論文 2016年07月
2 Energy Concerns in Wireless Sensor and Actor Networks: A Simulation Case 会議録 AINA-2016 2016年03月
3 Evaluating the Effect of Static Components in MANET by Simulations 学術論文 Journal of High Speed Networks 2015年11月
4 A Fuzzy-Based Testbed Design for Wireless Sensor and Actuator Networks 会議録 NBiS-2015 2015年09月
5 Selection of Rendezvous Point in Content Centric Networks Using Fuzzy Logic 会議録 NBiS-2015 2015年09月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/6 ページ)  26 件
著書  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
著書名 著書分類 著書形態 執筆形態 出版社名 発行年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
発表・学外活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
活動内容 講演会・研究等名 発表題目 発表種類 発表形態 発表年月
1 学術講演 OUS技術セミナー 無線センサアクタネットワークでの アクタ選定手法 専門研究会・委員会報告 招待講演 2016年02月
2 学術講演 OUSフォーラム2015 無線センサアクタネットワーク(WSAN)とその応用 専門研究会・委員会報告 ポスター 2015年10月
3 学術講演 AINA-2015 Selection of Actor Nodes in Wireless Sensor and Actor Networks: A Fuzzy Based Method Considering Actor Mobility 専門研究会・委員会報告 一般講演 2015年03月
4 学術講演 The 17th International Conference on Network-based Information Systems (NBiS-2014) A Fuzzy Approach to Actor Selection in Wireless Sensor and Actor Networks 一般講演 2014年09月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
作品  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
作品名 発表場所 発表年月 特記点
全製作者名 設置場所
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
受賞  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  7 件
賞名 受賞年月 特記点
主催団体名
1 Best Paper Award 2015年03月 D. Elmazi, E. Kulla, T. Oda, E. Spaho, L. Barolli, K. Uchida, "Selection of Actor Nodes in Wireless Sensor and Actor Networks: A Fuzzy Based Method Considering Actor Mobility", Proc. of AINA-2015, pp. 304-310, Gwangju, Korea, 25-27 March 2015.
IEEE AINA-2015 International Conference
2 Best Paper Award 2013年09月 第一著者
EIDWT-2013国際会議
3 Best Paper Award 2013年07月 第二著者
FTRA ITCS-2013国際会議
4 Best Paper Award 2012年12月 第二著者
MoMM-2012国際会議
5 Best Paper Award 2012年09月 第二著者
NBiS-2012国際会議
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  7 件
特許  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
特許名 出願年月 出願番号 登録年月 特許番号 出願国
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
外部資金  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
年度 新規・継続 研究課題(題目)名 代表者名 出資団体名 受入金額 開始年月
外部資金分類 分担題目名 分担者名 終了年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
寄付  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
寄付分類 寄付対象研究テーマ 寄付者名 寄付査定額 受入年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
社会貢献
学外運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
運営分類 役職名 就任年月 特記点
機関名・企業名 退任年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
会議運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/4 ページ)  18 件
会議・講演会・展示会名 主催者名 就任年月 特記点
役職名 退任年月
International Conference on Advanced Information Networking and Applications (IEEE AINA-2018) Marek R. Ogiela, AGH University of Science and Technology, Poland 2017年05月
Conference Workshops Co-Chair 2018年05月
International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC-2017) Leonard Barolli, Fukuoka Institute of Technology, Japan 2017年05月
Track PC Member 2017年11月
INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT NETWORKING AND COLLABORATIVE SYSTEMS (INCoS-2017) Isaac Woungang, Ryerson University, Canada 2017年02月
Track PC Member 2017年08月
International Conference on Broad-Band Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA-2017) Santi Caballe, Open University of Catalonia, Spain 2016年11月
Track Co-Chair 2017年11月
International Conference on Broad-Band Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA-2017) Santi Caballe, Open University of Catalonia, Spain 2016年11月
Conference Workshops Co-Chair 2017年11月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/4 ページ)  18 件
その他社会活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
社会活動の名称 社会活動の具体的内容 就任年月 特記点
退任年月
Guest Editor of Special Issue INDERSCIENCE PUBLISHERS
The International Journal of Web and Grid Services (IJWGS)
Special Issue on: “Grid, P2P and Network Services”
Guest Editor
2015年09月
2016年12月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件