クルモフ バレリー
クルモフ バレリーKroumov Valeri

URL
http://www.ee.ous.ac.jp/
専門分野
 制御工学、ロボット工学
所属組織  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
所属学部・学科又は研究科・専攻 役職名
工学部 電気電子システム学科
工学研究科(修士) 電子工学専攻
工学研究科(博士) システム科学専攻
技術科学研究所
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
学位  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
学位名 学位授与機関 学位論文題目 取得年月
博士(工学) Adaptive disturbance estimation and control in presence of unknown disturbances 1994年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
所属学会  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
学会名 表示順
システム制御情報学会
日本ME学会
IEEE
日本ロボット学会
計測自動制御学会
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
教育活動
授業科目  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/54 ページ)  267 件
開講年度 授業科目名 科目群 必修・選択 開講時期 単位数 履修者数
2021年 電子物理工学特別研究 15
2021年 電子物理工学ゼミナール 5
2021年 科学・工作ボランティア入門 2
2021年 科学・工作ボランティア入門 2
2021年 科学・工作ボランティア入門(教育学部以外) 2
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/54 ページ)  267 件
論文指導  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/18 ページ)  88 件
年度 論文種類区分 論文種類 指導人数
2019年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 6人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2019年 修士論文 修士論文 指導人数 2人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 1人
2019年 博士論文 査読付き論文、博士論文 指導人数 1人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 1人
2018年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 7人(うち、留学生 0人)
2018年 修士論文 修士論文 指導人数 1人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 1人
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/18 ページ)  88 件
教育改善の実践  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/6 ページ)  28 件
年度 改善概要 詳細
2018年 数学科目の学習支援 数学III科目の講義について、講義資料と宿題・中間テストの解答及び応用例をHPにて公開し、学習の理解向上を目指している。また、学習不振の学生に対して3回の補講・演習を実施し、参加した全ての学生が単位取得をした。前年度の比べて不合格者が25%減った。
2018年 制御工学科目の学習支援 本科目の内容理解向上のために開発している制御工学における対話型学習システムを2割の学生が積極的に利用している。本システムの利用は直感的であり、学内外で利用可能であり、学習者が効率的に学習ができるようになっている。
2018年 学習支援 担当科目の受講者および工学プロジェクトコースの学生に対して、研究室所属の4年生・大学院生も学習支援を行っているようにした。10名の学生か利用しており、来年度中に増員をめざしている。本学支援により、学生の成績向上が得られた。
2017年 学生の学習支援 担当科目の受講者および工学プロジェクトコースの学生に対して、研究室所属の学生も学習支援を行っているようにした。8名の学生しか利用していないが、来年度中に増員をめざしている。
2017年 「制御工学」科目内容の学習向上 本科目の内容理解向上のために制御工学における対話型学習システムを開発して、サーバよりダウンロードができるようにしている。2割の学生が積極的に利用している。本システムの利用は直感的であり、学習者が効率的に学習ができるようになっている。
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/6 ページ)  28 件
研究活動
研究分野  

分野 分科 細目 表示順
1 総合領域 情報学 知覚情報処理・知能ロボティクス
2 工学 機械工学 機械力学・制御
3 工学 電気電子工学 制御工学
執筆論文  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/7 ページ)  31 件
論文名(原文) 論文分類 掲載誌名 査読 発行年月
1 Image Acquisition of Power Line Transmission Towers Using UAV and Deep Learning Technique for Insulators Localization and Recognition 会議録 Proc. 23rd Int. Conf. on System Theory, Control and Computing (ICSTCC) 2019年10月
2 Quadrotor Modeling and Simulation for Industrial Application 会議録 Proc. 23rd Int. Conf. on System Theory, Control and Computing (ICSTCC) 2019年10月
3 Development of UAV System for Autonomous Power Line Inspection 会議録 Proc. 23rd Int. Conf. on System Theory, Control and Computing (ICSTCC) 2019年10月
4 Simulation Environment for Mobile Robots Testing Using ROS and Gazebo 会議録 Proc. of 20th Int. Conf. on System Theory, Cotntrol and Computing (ICSTCC 2016) 2016年10月
5 ROSとGazebo ソフトウエアによる移動ロボットシミュレーション環境の開発 研究報告 岡山理科大学 技術科学研究所年報 2016年02月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/7 ページ)  31 件
著書  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
著書名 著書分類 著書形態 執筆形態 出版社名 発行年月
1 Strong Neutrosophic Graphs and Subgraph Topological Subspaces 専門著書 共著 監修 EuropaNova ASBL 2016年10月
2 Advances and Applications of DSmT for Information Fusion, Collected Works, Vol. 4 専門著書 共著 分担執筆 American Research Press(ARP) 2015年03月
3 Neutrosophic Theory and its Applications、Collected Papers, Vol. 1 専門著書 共著 分担執筆 EuropaNova, Brussels 2015年02月
4 Recent Advances in Mobile Robots 専門著書 共著 分担執筆 INTECH 2011年09月
5 Advances in Modeling and Control of Ventilation 専門著書 共著 分担執筆 Plenum Press 1998年00月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
発表・学外活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/7 ページ)  34 件
活動内容 講演会・研究等名 発表題目 発表種類 発表形態 発表年月
1 学術講演 令和3年電気学会全国大会 送電設備点検ドローンにおける風と磁界の影響 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2021年03月
2 学術講演 第19回情報科学技術フォーラム DNNによる架空地線画像からの異常検出 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2020年09月
3 その他の講演 第24回岡山リサーチパーク研究・展示発表会 ドローンによる送電設備の自動点検技術の開発 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) ポスター 2019年12月
4 学術講演 Int. Conf. on System Theory, Control and Computing (ICSTCC 2019) Image Acquisition of Power Line Transmission Towers Using UAV and Deep Learning Technique for Insulators Localization and Recognition 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2019年10月
5 学術講演 Int. Conf. on System Theory, Control and Computing (ICSTCC 2019) Development of UAV System for Autonomous Power Line Inspection 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2019年10月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/7 ページ)  34 件
作品  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
作品名 発表場所 発表年月 特記点
全製作者名 設置場所
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
受賞  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
賞名 受賞年月 特記点
主催団体名
1 Special contribution award 2012年09月
IEEE
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
特許  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
特許名 出願年月 出願番号 登録年月 特許番号 出願国
1 自律移動撮影制御システムおよび自律移動体 2018年06月 特願2018-116366 2020年06月 6719738 日本
2 ポンプ 2009年06月 特願2009-154121 2014年04月 5514974 日本
3 ポンプ 2007年03月 2007-083135 2009年01月 4248003 日本
4 リニア駆動装置及びこのリニア駆動装置を備えたポンプ 2009年06月 特願2009-154121 日本
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  4 件
外部資金  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  13 件
年度 新規・継続 研究課題(題目)名 代表者名 出資団体名 受入金額 開始年月
外部資金分類 分担題目名 分担者名 終了年月
1 2021年 継続 電力施設点検用ドローンの安全飛行および 高解像度撮影技術の高度化に関する研究(フェーズⅡ) クルモフ バレリー 電源開発(株) 14,620,000 2021年04月
共同研究 太田 寛志 2021年03月
2 2020年 新規 電力施設点検ドローンの安全飛行及び高解像度撮影技術の高度化に関する研究 クルモフ バレリー 電源開発株式会社 11,544,000 2020年08月
共同研究 太田 寛志 2021年03月
3 2019年 継続 電力施設の保守運用業務における産業用ドローンの 安全飛行および高解像度撮影技術の研究(フェーズIV) クルモフ バレリー 電源開発株式会社 12,405,000 2016年10月
共同研究 太田 寛志 2020年03月
4 2018年 新規 産業用ドローンの安全飛行および高解像度撮影技術の研究(フェーズ3) クルモフ バレリー 電力関連企業 9,935,000 2018年05月
共同研究 太田 寛志 2019年03月
5 2017年 新規 産業用ドローンの安全飛行および高解像度撮影技術の研究(フェーズ2) クルモフ バレリー 電力関連企業 9,130,000 2017年05月
共同研究 太田 寛志 2018年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  13 件
寄付  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
寄付分類 寄付対象研究テーマ 寄付者名 寄付査定額 受入年月
1 寄付金 研究助成 みのる産業㈱ 200000 2006年02月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
社会貢献
学外運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  6 件
運営分類 役職名 就任年月 特記点
機関名・企業名 退任年月
学会 実行委員会副委員長 2017年03月 平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会の開催に伴って、実行副委員長の業務を努めた。http://rentai-chugoku.org/
平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 2017年12月
学会 大会委員会幹事 2017年03月 平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会の大会委員会の幹事を務めた。http://rentai-chugoku.org/
平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 2017年12月
公益法人 支部長 2015年01月 http://www.sice.or.jp/org/chugoku/
公益社団法人計測自動制御学会中国支部 2016年01月
公益法人 副支部長 2014年01月 http://www.sice.or.jp/org/chugoku/
計測自動制御学会中国支部 2015年01月
公益法人 評議員 2011年04月
計測自動制御学会中国支部 2013年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  6 件
会議運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/5 ページ)  21 件
会議・講演会・展示会名 主催者名 就任年月 特記点
役職名 退任年月
電気・情報関連学会中国支部連合大会 大会委員会 電気・情報関連学会中国支部連合大会 2017年04月
幹事 2018年03月
第24回計測自動制御学会中国支部学術講演会 公益社団法人 計測自動制御学会(SICE)中国支部 2015年11月
実行委員長
チュートリアル講演会 公益社団法人 計測自動制御学会(SICE)中国支部 2014年12月 本公演会は、制御工学分野において最新科学術をテーマにして、計測自動制御学会(SICE)会員、企業の方、大学教員・学生を対象にしている。
主催
第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会 公益社団法人 計測自動制御学会(SICE) 2012年11月
実行委員会委員
2012 IEEE International Conference on Advanced Mechatronic Systems IEEE 2012年09月
Organizing Committee Member
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/5 ページ)  21 件
その他社会活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/4 ページ)  18 件
社会活動の名称 社会活動の具体的内容 就任年月 特記点
退任年月
IEEEXtremeオンライン競技の監督官(proctor) 24時間の競技時に参加者に対して監督業務に努める。岡山理科大学および岡山大学の担当している。
(https://ieeextreme.org/proctor-eligibility-and-requirements/ 参照)
2020年07月
2020年11月
救急法講習実施 日本赤十字社岡山県支部救急法指導員としての活動 2018年04月 救急法指導員として、一般市民と指導員対象の3回講習に参加した。
第23回OUS技術セミナー 開催 第23回OUS技術セミナー 「実用化を見据えたライフサイエンスの最前線」
-先端医療機器・再生医療製品・化粧品、その臨床応用に向けた研究開発-
2018年02月
2018年03月
第22回OUS技術セミナー 開催 岡山理科大学技術科学研究所第22回OUS技術セミナー「実用化を見据えた最先端医療のための技術」   ~先端医療機器・再生医療製品、その開発から臨床研究まで~
2017年02月 岡山理科大学技術科学研究所は、本学で培われた科学技術や最新の知見を広く社会に還元し、地域に貢献することを目的に、地域社会との連携を図りながら、研究交流および科学技術の実用化とその普及・啓発の活動を行っています。その一環として、毎年、本学の教員・研究員および関係する学外講師による一般講演会を開催しています。
第21回OUS技術セミナー 開催 岡山理科大学技術科学研究所第21回OUS技術セミナー 「ICT活用による安全・安心サポート」 2016年02月 岡山理科大学技術科学研究所は、本学で培われた科学技術や最新の知見を広く社会に還元し、地域に貢献することを目的に、地域社会との連携を図りながら、研究交流および科学技術の実用化とその普及・啓発の活動を行っています。その一環として、毎年、本学の教員・研究員および関係する学外講師による一般講演会を開催しています。
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/4 ページ)  18 件