アラキ ケイスケ
荒木 圭典ARAKI Keisuke

URL

専門分野
 流体力学、ユニバーサルデザイン
所属組織  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
所属学部・学科又は研究科・専攻 役職名
工学部 知能機械工学科
工学研究科(修士) 知能機械工学専攻
工学研究科(博士) システム科学専攻
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
学位  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
学位名 学位授与機関 学位論文題目 取得年月
博士(理学) 京都大学 1994年
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
所属学会  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
学会名 表示順
日本流体力学会
日本物理学会
日本機械学会
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  3 件
教育活動
授業科目  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/69 ページ)  344 件
開講年度 授業科目名 科目群 必修・選択 開講時期 単位数 履修者数
2021年 基盤数学(微分積分1)荒木 圭典 2
2021年 基盤数学(微分積分1)(秋入学) 2
2021年 基盤数学(微分積分2)荒木 圭典 2
2021年 基盤数学(微分積分2)濱谷 義弘 2
2021年 基盤数学(微分積分2)山口 尚宏 2
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/69 ページ)  344 件
論文指導  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/6 ページ)  28 件
年度 論文種類区分 論文種類 指導人数
2015年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 5人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 0人
2014年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 8人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 1人
2013年 卒業論文 卒業論文(学士) 指導人数 10人(うち、留学生 2人) 共同・分担した指導教員数 1人
2012年 修士論文 指導人数 1人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 1人
2012年 卒業論文(学士) 指導人数 5人(うち、留学生 0人) 共同・分担した指導教員数 1人
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/6 ページ)  28 件
教育改善の実践  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  8 件
年度 改善概要 詳細
2013年 peer-lead team learning の形成に向けての準備 数学1, 数学2において、従来の講義中心から演習中心の授業に切り替えるために、前年度の成績優秀者から2年生4名、3年生4名、4年生4名のSAを選抜し、授業中に演習課題の個別の指導、採点をさせた。
2012年 数学1(前期、後期)、数学2(前期、後期)における演習指導 peer-lead team learning の導入に向けて、3年生の学生7名のスチューデントアシスタントの協力を受けて、数学1(微分)、数学2(積分)の授業実施時間内における演習課題の採点、指導を実施した。
2011年 FD推進室:授業アンケートの改善 FD推進室のFD推進員として、アンケート部会において授業アンケートの改善について議論した
2011年 数学1、数学2における演習指導 peer-lead team learning の導入に向けて、試験的に3年生の学生3名のボランティア、2年生の学生4名のスチューデントアシスタントの協力を受けて、数学1(微分)、数学2(積分)の授業実施時間内における演習課題の採点、指導を実施した。
2010年 数学3における演習指導 peer-lead team learning の導入に向けて、試験的に2年生の学生2名のボランティアの協力を受けて、数学3(線形代数)の授業実施時間内における演習課題の採点、指導を実施した。
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/2 ページ)  8 件
研究活動
研究分野  

分野 分科 細目 表示順
1 数物系科学 プラズマ科学 プラズマ科学
2 数物系科学 物理学 数理物理・物性基礎
執筆論文  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/5 ページ)  22 件
論文名(原文) 論文分類 掲載誌名 査読 発行年月
1 Asymmetry of Quadratic Energy Transfer between Ion Cyclotron and Whistler Modes in Fully Developed Hall Magnetohydrodynamic Turbulence 学術論文 Plasma and Fusion Research 2020年06月
2 A note on the stability analysis by the second variation of the Lagrangian and Hamiltonian for ideal incompressible plasmas 学術論文 Plasma and Fusion Research 2019年06月
3 Differential-geometrical approach to the dynamics of dissipationless incompressible Hall magnetohydrodynamics: II. Geodesic formulation and Riemannian curvature analysis of hydrodynamic and magnetohydrodynamic stabilities 学術論文 Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical 2017年06月
4 Helicity-based, particle-relabeling operator and normal mode expansion of the dissipationless incompressible Hall magnetohydrodynamics 学術論文 Physical Review E 2015年12月
5 Systematic Educational Program for Robotics and Mechatronics Engineering in OUS Using Robot Competition 学術論文 Procedia Computer Science 2015年12月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/5 ページ)  22 件
著書  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
著書名 著書分類 著書形態 執筆形態 出版社名 発行年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
発表・学外活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  14 件
活動内容 講演会・研究等名 発表題目 発表種類 発表形態 発表年月
1 学術講演 第 18 回 日本流体力学会 中四国・九州支部講演会 非圧縮性 MHD プラズマはテニスラケットの夢を見るか? 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2016年11月
2 学術講演 The 24th International Congress of Theoretical and Applied Mathematics Energy transfer between ion cyclotron and whistler modes in Hall magnetohydrodynamic turbulence 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) ポスター 2016年08月
3 学術講演 The 24th International Congress of Theoretical and Applied Mathematics Scale-hierarchy in homogeneous Hall MHD turbulence 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2016年08月
4 学術講演 平成27年度第2回日本流体力学会中四国・九州支部講演会 非圧縮性流体とMHD プラズマの一般化速度・運動量・渦度と保存則と正準基底 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2016年07月
5 学術講演 京大 数理解析研究所 RIMS研究集会「高レイノルズ数の流れを記述するモデルの数理」 Hall MHD の非線形エネルギー輸送のノーマルモード解析 学会講演(シンポジウム・セミナー含む) 一般講演 2016年07月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/3 ページ)  14 件
作品  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
作品名 発表場所 発表年月 特記点
全製作者名 設置場所
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
受賞  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
賞名 受賞年月 特記点
主催団体名
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
特許  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
特許名 出願年月 出願番号 登録年月 特許番号 出願国
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
外部資金  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
年度 新規・継続 研究課題(題目)名 代表者名 出資団体名 受入金額 開始年月
外部資金分類 分担題目名 分担者名 終了年月
1 2012年 継続 拡張MHD乱流におけるスペクトル構造の解明 三浦英昭(核融合研) 日本学術振興会 195000 2011年04月
科学研究費補助金 荒木圭典 2015年03月
2 2012年 継続 非発散正規直交ウェーブレット基底を用いたMHD乱流中の磁場生成機構の解明 荒木圭典 日本学術振興会 910000 2010年04月
科学研究費補助金 三浦英昭(核融合研) 2013年03月
3 2011年 新規 拡張MHD乱流におけるスペクトル構造の解明 三浦英昭(核融合研) 日本学術振興会 136500 2011年04月
研究助成 荒木圭典 2015年03月
4 2011年 継続 非発散正規直交ウェーブレット基底を用いたMHD乱流中の磁場生成機構の解明 荒木圭典 日本学術振興会 780000 2010年04月
科学研究費補助金 三浦英昭(核融合研) 2013年03月
5 2010年 新規 非発散正規直交ウェーブレット基底を用いたMHD乱流中の磁場生成機構の解明 荒木圭典 日本学術振興会 2730000 2010年04月
科学研究費補助金 - - 2013年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  5 件
寄付  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
寄付分類 寄付対象研究テーマ 寄付者名 寄付査定額 受入年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
社会貢献
学外運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
運営分類 役職名 就任年月 特記点
機関名・企業名 退任年月
学会 支部長 2018年04月
日本流体力学会 中四国・九州支部 2020年03月
学会 副支部長 2016年04月
日本流体力学会中国四国九州支部 2018年03月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  2 件
会議運営  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
会議・講演会・展示会名 主催者名 就任年月 特記点
役職名 退任年月
該当データなし
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (0/0 ページ)  0 件
その他社会活動  
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件
社会活動の名称 社会活動の具体的内容 就任年月 特記点
退任年月
吉備創生カレッジ 大学コンソーシアム岡山と山陽新聞社が2007(平成19)年4月から共催方式で開講している生涯学習講座で、「ユニバーサルデザイン」というタイトルで講演を1回行なった。 2010年09月
2010年09月
表示 先頭 | << 前の5件へ | 次の5件へ >> | 最後   (1/1 ページ)  1 件